私たちのワクワク展

 ずっとやりたかったことやる会ではワクワクするような創作活動をして、本当の自分につながることを目指します。参加要件は「ワクワクしながら創作活動をする」のみです。2019年3月27日から31日 横浜市民ギャラリーあざみ野で開催される「私たちのワクワク展」は創作活動発表の機会となります。ぜひお越しください。

ずっとやりたかったことをやる会の取り組み

自らずっとやりたかったことを見つけ、自分で創作活動に取り組むことができるよう応援します。そして、展覧会に出品することを目標とします。

普段は隠されている自分の本心を発見し、童心にかえってワクワクすることで、疾病予防、健康増進、自分自身との調和と自然との調和を図り、地域に貢献する団体を目指します。

月1回程度の定例会で情報交換をし年1回の展覧会に向けて準備します。ホームページ上のギャラリーへの投稿も可能です。お気軽にお声掛けください。

学会広報活動

2018年9月 日本看護学会ヘルスプロモーション分野 演題発表「コミュニティカフェにおける住民エンパワメント―地域看護師の援助の可能性を探るー」  ずっとやりたかったことをやる会として発表してきました。会場では80名ほどの地域医療関係者がこれからの地域の健康に関する取り組みに耳を傾けてくださいました。   論文集となり電子出版される予定です。

団体概要

ずっとやりたかったことをやる会 (英語表記 Association for doing what we wanted to do forver.)
設立 2015年3月3日
事業内容 広報、催事開催、福祉など
メールアドレス cafetalk@333wakuwaku.jp
 
Copyright(c) 2016 Association for doing waht we wanted too foever All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system